蒼空に近づきたくて

航空業界に生きるアラフォーサラリーマンが航空業界に興味を持ってくれる方々の為に航空機運航に関する豆知識をお伝えしていきたいと思っています。特にニュースとなる航空関係の話題を深堀りし背景等を解りやすく解説するように努めます。航空機運航には多くの「どうして?」が付きまとうので、皆さんの疑問のヒントになれるようなブログサイトを目指していきたいです。

【義弟の交通事故死】弁護士を選ぶのも一苦労①

このブログで死については書くべき内容ではないことは重々承知しているものの、交通事故で犠牲になった義弟の死を無駄にせず、また読者の皆さん自身そしてご家族の為に命の大切さと、残された家族のために任意保険の重要性を認識して頂くためにも、この場を借りて述べることとします。

そして読者の皆さまへのリマインドです。当たり前のことかもしれませんが、自動車を運転する際は〇〇かもしれないを常に意識し、安全を確実に認識できた場合のみ進行して下さい。明日は我が身とならぬようお願い致します。

また、バイクを運転する方へ。いくら自分が気を付けマナー良く運転していたとしても、車体が小さいバイクは自動車ドライバーに認識し辛いですので、自分の身を護るためにも反射板の付いたジャケットやプロテクターを着用して下さい。自ら相手に気付かせるようにし、事故になるリスクを減らすようにしてください。

f:id:fusafusagoumou:20180617165502g:plain

 

弁護士選任までの道のりは遠い

今回の事故では、事故対応百戦錬磨のタクシー会社を相手にするのですが、当然相手側には顧問弁護士がついているはずです。加害者側の思い通りにはさせたくないので、遺族側はバイク保険に付帯させていた弁護士特約を活用し弁護士を選任することにしています。

弁護士を選ぶ過程で色々とWEBサイトを閲覧しているなかで、「法テラス」(日本司法支援センター)という国が設立した法的トラブル解決相談窓口を見つけました。

何を相談したいかと言うと、弁護士を選任するにあたり、どの場所を拠点としている弁護士を選ぶか、ということです。

と言うのも、事故が発生した関東を拠点とする弁護士なのか、義両親の住む地方都市の弁護士とするべきなのか。また、義両親の暮らす地方都市の弁護士を選んだところで、関東の事件をしっかりと見てくれるのか、逆に関東の弁護士を選んだところで義両親とうまくコミュニケーションが取れるか、など何がベストなのかを考え弁護士を選ぶ必要があると考えたのです。

そこで、法テラス宛に6月19日の早朝に相談メールを送ったところ、午後12時頃には回答を得られました。

法テラスに対する質問内容

交通死亡事故におけるご相談です。
こんにちは、私、■■■■と申します。XX月XX日未明にXX県XX市で発生したオートバイとタクシーの交通事故により死亡した●●●●の義兄(被害者の姉の夫)です。今般の事故に伴い、相手側への賠償請求を行いたく、弁護士の先生を選任したいと考えています。ここでご相談ですが、相続人である被害者両親は□□県□□市在住なのですが、どこを拠点とする弁護士先生を選任すべきか悩んでいます。義両親の負担は軽減させたいものの、一方で弁護士先生が事故状況をしっかりと把握出来る環境が必要と考えています。ご助言賜りますようお願い致します。なお、当方、自動車保険の弁護士特約を使用する予定です。

【補足】
事故車両保険会社:◆◆損保
弁護士特約保険会社:◇◇損保
タクシー会社保険会社:XX損保
タクシー会社:XXXXタクシー

法テラスからの回答(一部抜粋)

お問合せ受付番号:D2018XXXX-XXXXXX
法テラス 電子メールによる情報提供サービス

この度は、インターネットにて法テラスにお問い合わせをいただきましてありがとうございます。お問い合わせの内容は、個人情報保護の観点から記載いたしておりません。当サービスは、お問い合わせ内容に応じて、一般的な法制度に関する情報や、相談窓口に関する情報を提供することを業務としております。したがいまして、弁護士のご依頼等に関して具体的なご助言はいたしかねます。大変恐縮ながら、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。交通事故のご相談(民事)に関しましては、各地に「日弁連交通事故相談センター」がございますので、利用者の皆様から同種のお問い合わせを頂いた場合、本サービスでは「日弁連交通事故相談センター」をご案内致しております。以下に、ご案内させて頂きますので、お問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

弁護士の選任相談は「法テラス」ではなく「日弁連交通事故相談センター」

と言うことで、法テラスへの相談内容としては場違いだったのです・・・。

従い、法テラスからのアドバイス通り、日弁連交通事故相談センター」に連絡を取り弁護士の選任に向け取り組んでいくこととします。

弁護士の選任までの過程については進捗あり次第、ご報告します。