蒼空に近づきたくて

航空業界に生きるアラフォーサラリーマンが航空業界に興味を持ってくれる方々の為に航空機運航に関する豆知識をお伝えしていきたいと思っています。特にニュースとなる航空関係の話題を深堀りし背景等を解りやすく解説するように努めます。航空機運航には多くの「どうして?」が付きまとうので、皆さんの疑問のヒントになれるようなブログサイトを目指していきたいです。

攻めのユニクロ、超ハイテク値札でWin-Win

 

何回か履くと穴が開いてしまうユニクロの安価な靴下に使用されたハイテク技術

皆さん、ユニクロにて販売されている靴下にハイテク技術が使用されていることをご存知だったしょうか!?何回か履くと指先部分に穴が開いてしまうような品質ですが、そんな靴下にでさえ、現代技術が使われているのです。

私が普段着用する靴下は基本的にユニクロで購入する4足1,000円のものが殆どです。先日、新たに購入した靴下のタグを外そうとした時に偶然発見したことを今回は述べさせて頂こうと思います。

さて、突然ではありますが、ユニクロの兄弟分であるGUの店舗で試験的にセルフレジを導入していることはご存じでしょうか?

実は、このレジ、スーパーなどに設置されているバーコードをピッピするレジではなく、レジの中に設置されたBOXに購入したいものを全て入れることで勝手に値札をスキャンし精算に進められる画期的なレジなのです。

どうしてそんなことが出来てしまうのでしょう? そこに隠された秘密こそが、昨晩私が偶然にも発見してしまったものに結び付くのです。

ユニクロの値札タグにはRFIDが隠されれている?

実は、値札を電灯にかざしてみればよく分かるのですが(画像参照)、中に回路のようなものが見えます。これ、RFID電子タグ、Radio Frequency Identifierの略)と言って、この回路の中に多くの情報を詰め込むことが出来るのです。

なので、この値札をレジのBOXに入れてしまえば、レジの中で発生させた電波が商品情報(価格等)を読み込める仕組みなのです。

f:id:fusafusagoumou:20171212233710j:plain

RFIDには電源が組み込まれているの?

ここで、こんなペラペラしたシール(値札)に電波を発する電源はあるのか?という疑問も生まれますが、RFIDには大きく3つの種類があり、アクティブタグ、パッシブタグ、セミアクティブタグがあります。

アクティブタグは電源が備わっており自ら電波を発することができるもの。一方のパッシブタグは読み取り機(リーダー)より発せられた電波をエネルギー源としてRFID内の情報をリーダーに飛ばすことが出来るのです。ちなみにセミアクティブタグは電源を持ちつつ、情報の発信はリーダー側からの通信により起動するそうです。

つまり、ユニクロの値札に内蔵されているRFIDはパッシブタグということになります。こんなハイテク機器がたかが靴下の値札に内蔵されているとは驚きではありませんか!? そして、更に、こんなにもハイテク機器を値札に埋め込むことでコスト高になるのでは?という疑問も湧くのではないでしょうか?

最近の技術の進歩によりパッシブタグは10円以下で製造できるようになっているようです。とは言っても、値札にそんなにコストをかけるの??と疑問に思うはずです。

値札タグにRFIDを忍び込ませる理由は?

それこそが最先端企業のユニクロの戦略であります。

今まではレジのスタッフが商品一点一点のバーコードをスキャナーにかざして精算していましたが、このRFIDを活用することで一瞬ですべての商品の値札をスキャンすることができるのです。

一日に何人もの客がレジを通過することを考えれば、レジ打ちだけでも大きな「工数=コスト」になる筈です。その生産性を「向上=人件費削減」させるために導入されたのがまさにRFIDを内蔵する値札です。 さらにこの値札は各国の生産拠点で貼られたうえで輸入されている筈ですので、生産拠点から販売店へのロジスティクスも把握でき、より効率的な物流を目指すことになるのでしょう。そして店舗に納品されてからも、ハンディ・ターミナルのような機器を商品にかざせば瞬時に在庫を読み取れ棚卸の労力も劇的に削減されるはずです。

まだユニクロはセルフレジを導入していませんが、近い将来始まることは間違いないでしょう。ユニクロ及び客の双方がWIN WINとなる画期的な仕組みです。

是非皆様も、ユニクロの値札に組み込まれたRFIDを見てみて下さい。

小さな発見でも、大きな感動につながること間違いありません。 


「レジロボ(R)」RFID(電子タグ)を導入した実証実験

ユニクロ思考術

ユニクロ思考術