蒼空に近づきたくて

航空業界に生きるアラフォーサラリーマンが航空業界に興味を持ってくれる方々の為に航空機運航に関する豆知識をお伝えしていきたいと思っています。航空機運航には多くの「どうして?」が付きまとうので、皆さんの疑問のヒントになれるようなブログサイトを目指していきたいです。

国際線機材が国内線にも使用されることを事前把握のうえ実行された金塊密輸事件

金塊を密輸しようとしてまたもや逮捕者が出ました。金塊を密輸しようとする企みがなぜ起きるかというのは簡単に言うと以下の通りです。

通常手続きで貨物を輸入する際は関税+輸入消費税が課税されます。貨物の種類によっては関税は免税となりますが、輸入消費税は8%課税されます。密輸(密輸入)することで、輸入消費税を免れ、その金塊を国内で売り抜けた際に輸入消費税分が儲けとなるわけです。

f:id:fusafusagoumou:20180129231734p:plain

スパイ活動のような航空機を利用した密輸トリック

【税関HP:「ストップ金密輸」緊急対策】

本日1月29日の報道では航空機を利用してスパイのような方法で金塊を密輸しようとしたスリランカ人が逮捕されました。以下記事の引用です。

旅客機内のトイレに金塊を隠して国内に密輸し、税金を免れようとしたとして、愛知県警は29日、スリランカ国籍で中古車販売会社(名古屋市港区)の社長ムハメッド・ラフイーク・ムハメッド・リザニ容疑者(48)=愛知県安城市=ら男女計6人を関税法違反(無許可輸入未遂)や消費税法違反などの疑いで逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。6人の逮捕容疑は昨年7月23日、他の何者かと共謀して金塊5個計5キロ(約2280万円相当)を無許可で輸入し、消費税約182万円を免れようとしたもの。ムハメッド・ラフイーク容疑者が指示役という。6人のうち、別の男1人が持ち込み役で、台湾発中部空港行き日本航空の機内トイレの便座パネル内に隠したが、中部空港で警戒中の税関職員が発見し、未遂に終わった。この機体は一度、中部空港で乗客を降ろした後、国内線として羽田空港へ出発する予定だった。人とは別の仲間がこの便に搭乗して金塊を回収し、税関を通さずに密輸入する計画だったとみられる。金塊を密輸すれば消費税(8%)を免れることができ、日本国内で売却すれば税額分が利ざやとなる。県警は6人らが同様の手口で組織的に密輸入を繰り返していた疑いもあるとみて調べる。金塊を機内に隠して持ち込む手口は、昨夏に相次いで摘発された。昨年7~8月には中部空港と関西空港で、国際線の機内のトイレから金塊十数キロ~数十キロが見つかった。ともに、機体は空港到着後、国内線へ切り替わる予定だった。日本航空によると、どの機体が国際便からそのまま国内便に回るのかは「企業秘密」。だが、航空業界関係者によると、公開の運航情報などから、ある程度の推測が可能という。関西空港で金塊を隠されたバニラ・エアは、トイレ内のネジにシールを貼り、細工された形跡が確認できるように対策をとった。(引用:朝日新聞) 

 当記事で注目したいのは上記記事の赤文字箇所です。ポイントを抜き出してみます。

  • 台湾発中部空港行き日本航空
  • この機体は一度、中部空港で乗客を降ろした後、国内線として羽田空港へ出発
  • 日本航空によると、どの機体が国際便からそのまま国内便に回るのかは「企業秘密」
  • だが、航空業界関係者によると、公開の運航情報などから、ある程度の推測が可能

ある程度推測できる航空機の運航計画

はい、日本航空では"どの機体が国際便からそのまま国内便に回るのかは「企業秘密」"とコメントし、また"航空業界関係者によると、公開の運航情報などから、ある程度の推測が可能"とされているものの航空業界に身を置くもの以外であってもインターネット環境があれば誰でも簡単に推測出来てしまいます。

恐らく今回の犯人は以下要領で「台湾の空港→中部空港→羽田空港」で使用される機材を利用し密輸を企んだものと推測できます。

1. 台湾桃園空港から中部空港へ運航している便名を把握する。

Flight AwareにてTaipei → Nagoya就航便名を確認します。日本航空は1日1便JL822便にてB737型機を使用し運航していることが判ります。

フライト検索 ✈ 台湾桃園国際空港 (RCTP) - 中部国際空港 (RJGG) ✈ FlightAware

2. Flight RadarにてJL822を検索すると機体登録番号も表示される。

Flight Radarにて表示される機体登録番号の機材の運用記録を確認すると、Taipei → Nagoyaにて運行される機材は、その後JL208便としてNagoya → Hanedaに使用されることが判ります。

まとめ

このようにFlight Radarを使用すれば航空会社による機材の利用計画も何となく見えてきますが、保安上これらの情報は企業秘密になって当たり前ですね。しかしながら密輸を企んだ輩もこのような知恵をもっとよいところに生かせられないのでしょうかね?知能犯とか居ますけど、まっとうな生き方をすれば犯罪に手を染める必要なく十分満足した生活を送れると思うのですが。 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

ひしめく金塊・うごめく欲望 密輸ルートの最前線 (朝日新聞デジタルSELECT)

ひしめく金塊・うごめく欲望 密輸ルートの最前線 (朝日新聞デジタルSELECT)