蒼空に近づきたくて

航空業界に生きるアラフォーサラリーマンが航空業界に興味を持ってくれる方々の為に航空機運航に関する豆知識をお伝えしていきたいと思っています。特にニュースとなる航空関係の話題を深堀りし背景等を解りやすく解説するように努めます。航空機運航には多くの「どうして?」が付きまとうので、皆さんの疑問のヒントになれるようなブログサイトを目指していきたいです。

JAL(日本航空)

海外への貨物緊急出荷時の頼みの綱はやはりJAL

ここ最近の2回にわたる記事にて日本航空はもうダメだ的なアンチJALっぷりを発揮していましたが、実は私の保有クレジットカードはJALカードですし、ここ最近乗った本邦系航空会社もJALなので、決してJALが嫌いという訳ではありません。(青組は20年前に搭…

ANA & NCAの業務提携によりJAL貨物部門は巻き返しを図れるのだろうか、、、(悲観)

ANAとNCAが業務提携を正式に発表した 全日本空輸(ANA)と日本貨物航空(NCA)の業務提携が2月26日に両社よりプレスリリースされました。 ANAとNCAによる戦略的業務提携の合意|プレスリリース|ANAグループ企業情報 NCA - 日本貨物航空 | NCAとANAが戦略…

ANAはボーイング777型貨物専用機を導入しつつも日本貨物航空と提携するのか?

全日本空輸(ANA)が2018年2月1日に『2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略について』を発表しました。 2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略について|プレスリリース|ANAグループ企業情報 この中で5つのコア事業のうち「第3のコア」として位置付け…

輸送需要が旺盛になるであろうSmart Luggageの貨物輸送を禁止とした日本航空の英断

日本航空の貨物部門がリチウム電池を内蔵したいわゆるSmart Luggageを貨物として受託および輸送しない方針を決めたようです。この決定に至った経緯について、リチウム電池の危険性とともに説明します。

航空会社のコスト低減に貢献する「航空会社事務業務」受託会社の役割とプライド

海外に航空機にて輸出される貨物は貨物ターミナル内にある保税蔵置場に搬入されますが、この貨物ターミナル内では保税蔵置場におけるULD積み付け荷役作業のみならず、航空機の運航にはとても重要な事務作業を行っている部門があります。この事務業務無しでは…

キーホルダーとなった元日本航空のジャンボ機を里帰りさせませんか!?

日本航空のボーイングB747型機、ジャンボが大好きな方に朗報です! ご存知の方はいらっしゃると思いますが、アメリカにスクラップとなった航空機の部品をリサイクルして販売している「Moto Art」という企業があります。 そこが販売している「PLANE TAGS」と…

旅客機はやっぱりジャンボの姿がいちばん美しい

とうとうボーイング社のお膝元のアメリカの航空会社からも商用定期便として運行する旅客便のボーイングB747型機(通称:ジャンボ・ジェット)がデルタ航空DL158/19Dec ICN(韓国・仁川) - DTW(アメリカ・デトロイト)線をもって姿を消しました。この時に使…

コックピット見学の昨今と航空保安強化によるテロの抑止

今や旅客機においては巡行飛行中のコックピット入ることは不可能になってしまいましたが、過去には良き時代があり、キャビンアテンダントにお願いすれば飛行中のコックピットに招待して頂けることができました。 今、この時代の世界情勢においてコックピット…

20年以上前の小松空港ならではの光景

昔むかし、まだまだジャンボ機が空の覇権を握っていた頃、当時私はまだ小学生か中学生の頃だと思いますが、祖父や父親におねだりして連れていって貰っていた小松空港で撮ったプリントをiPhoneで撮ってみました。 露出がーとか、構図がーとかは無しにして頂い…

JAL機内で流れる心地のよい胸が高鳴り落ち着く曲

もう何年もJALのフライトに搭乗していませんので、今はどうなっているのかわからないのですが、過去にJAL便にお世話になった際に機内で流れていた曲のことが頭から離れなくなったので記事にしてみようと思いました。 // 仕事中の電話保留音なのになんだか落…

日本航空の羽田発那覇行フライトで犬が脱走し滑走路閉鎖となった件(続編)

例のプードル、報道を見る限りスタンダードプードルということで結構な大きさだったのですね。であれば当然、然るべき輸送容器(ケージ)が使用されていたはずですが、どうしてBULK搭載時にケージが開いてしまったのか謎です。このケージが開いてしまった経…

日本航空の羽田発那覇行フライトで犬が脱走し滑走路閉鎖となった件

この事案については日本航空の怠慢であったとしか言いようがないです。犬種が大型のプードルであることを鑑みるに、恐らくケージ(Cage)は犬用輸送容器であったと考えられます。またJL907便はB777-200型機を使用しているので、ランプ内はバルクカートを使用…

航空機が着陸可能となる重量と燃料投棄

9月5日に羽田空港を出発したJL006便(B777-300ER型機/JA743J)がエンジン故障により羽田空港にダイバート(エア・ターン・バック)した事象はまだ記憶に新しいですが、当便が離陸直後に緊急事態宣言したにもかかわらず悠長に房総半島沖上空をグルグル旋回し…

旅客機エンジンの底力を見た

9月5日に羽田空港を出発(ATD10時41分)したJL006便JFK向け航空機(B777-300ER型機/JA743J)の左側第一エンジンの損傷により羽田空港にダイバートした事案はまだ記憶に新しいですが、JALは当便をキャンセルすることなく、遅延したものの、同日夕方には別機…