蒼空に近づきたくて

航空業界に生きるアラフォーサラリーマンが航空業界に興味を持ってくれる方々の為に航空機運航に関する豆知識をお伝えしていきたいと思っています。航空機運航には多くの「どうして?」が付きまとうので、皆さんの疑問のヒントになれるようなブログサイトを目指していきたいです。

Boeing

旅客機の「お尻」へのこだわり

ボーイングB747型機が"the Queen of the Skies"と呼ばれるように飛行機は女性名詞です。日本語の概念では名詞に性別を伴うなんて不思議な感じがしますが、特にフランス語ではそれぞれの名詞には性別があります。 だからという訳ではありませんが、私には旅客…

華やかなジャンボ機退役セレモニーの後に待っているのは墓場行き

先日、デルタ航空のボーイングB747型機が商用定期便運航から退きアメリカ籍の旅客機からジャンボが姿を消した旨記事にしましたが、引退となった航空機(機体登録番号:N666US)のその後を追ってみました。 華々しく最終運航されても行きつくのは墓場 世界を…

キーホルダーとなった元日本航空のジャンボ機を里帰りさせませんか!?

日本航空のボーイングB747型機、ジャンボが大好きな方に朗報です! ご存知の方はいらっしゃると思いますが、アメリカにスクラップとなった航空機の部品をリサイクルして販売している「Moto Art」という企業があります。 そこが販売している「PLANE TAGS」と…

旅客機はやっぱりジャンボの姿がいちばん美しい

とうとうボーイング社のお膝元のアメリカの航空会社からも商用定期便として運行する旅客便のボーイングB747型機(通称:ジャンボ・ジェット)がデルタ航空DL158/19Dec ICN(韓国・仁川) - DTW(アメリカ・デトロイト)線をもって姿を消しました。この時に使…

旅客機の窓は景色を楽しむためだけにある訳ではない

さて、旅客機の客室には窓がありますが、皆さんその窓を観察したことはありますでしょうか? きっと視線の先はずっと遠くの景色にある筈ですが、焦点をもっと手前の窓に移してみて下さい。よーく観察してみると窓は3枚で構成されているのがわかると思います…

ANA塗装されたボーイングB787型機の試験機はどこに行った?

ボーイングB787型機開発のローチンカスタマー(Launch Customer)としてANAは貢献してきました。そして米国時間2011年9月25日(日本時間9月26日)に初号機がANAに引き渡されました。 初号機よりも前にANA塗装のB787型機は日本に飛来していた その後、試験機…

Boeing 787型機に思いを馳せて

Boeing 787型機の商業運航が始まるまで、新たな航空機が誕生することに私はとてもワクワクしていました。787型機のグッズ集めにも熱が入り、ボーイング・エバレット工場の関係者より幾つかの記念パッチをお裾分けして貰いましたので、そのコレクションをお披…